2006年07月30日

或る犬の物語

ジム・ウィリス氏の短い物語。

わんこと暮らす全ての方に、
これから一緒に暮らそうと思っている方に
是非読んで頂きたい、
とても深くて哀しい物語です。



私が仔犬だった時、
おどけた仕草であなたを楽しませて、
あなたを笑わせましたね。
あなたは私を「僕の子供」と呼びました。

また、多くの噛まれた靴や、
2・3の完全に壊されてしまったクッションにも関わらず、
私はあなたの最良の友になりました。

私が悪い子だった時は
いつも私に指を立てて尋ねました。
「どうしてそんな事するの?」
でもその後、あなたは優しくなり
私を転がしてお腹を擦ってくれましたね。

私の破壊するクセは、
あなたが想像するより長いこと直りませんでした。
なぜならあなたがすごく忙しかったから。
でも私達は協力して学びましたよね。


私は夜あなたの側に寝て、
あなたの確信と秘密の夢を
聞くことを覚えています。そのとき、
「私の人生は
これ以上完璧になり得ないほど幸せだ」
と信じました。


私たちは長い散歩に出掛けて
公園を走り、車に乗り、
アイスクリームは体に悪いと言って
コーンだけくれましたね。

また、私はあなたが帰宅するのをずっと待ち、
そして太陽の中で長い眠りにつきました。


徐々にあなたは、
キャリアと人間の仲間を探すために、
より多くの時間を費やす事が多くなりましたね。

私はあなたを根気よく待ち、
失恋や期待外れの時はあなたを慰めて、
あなたの帰宅を歓喜して跳ね回り喜びました。


あなたが恋に落ちた時。
彼女(今のあなたの妻)は
「イヌ好き」な人ではなかったけれど、
私たちの家に彼女を迎え入れて、
彼女に愛情を示そうとし、彼女に従いました。
あなたが幸福だったので、私は幸福でした。


その後、人間の赤ちゃんが生まれました。
私はあなたの興奮を共有しました。
私は赤ちゃんのピンク色にとても感激しました。
匂いをかぎ、ママの真似事を私もしたかった。
でもあなたと彼女は、
私が赤ちゃんを
傷つけるかもしれないと心配しました。

そして私は殆どの時間を
他の部屋のケージの中に
閉じこめられて過ごしました。

それでもなお、
私はどんなに赤ちゃんを
愛したいと思ったことか!!
まるで愛の奴隷でした。


赤ちゃんの成長とともに
私は彼らの友達になりました。
子供たちは私の毛皮を引っ張り、
私の不安定な背の上にのっかり、
私の目を突き、私の耳を調査し、
私の鼻の上にキスしてくれましたね。
私はそのすべてを愛していました。
そして子供たちが触る事も好きでした。
だってあなたは、
もうあまり触ってくれなかったから・・・

もし必要だとしたら私は命を捨ててで
も子供たちを防御していたでしょう。

私は彼らのベットにこっそり入り
秘密の夢を聞きました。
また、一緒にあなたの自動車の音を待ちました。
こんな時間を費やした事がありましたね。


他の人が、あなたに犬を飼ってるか尋ねると、
あなたは財布から私の写真を取り出し
彼らに私の話をしてくれましたね。
でもこの数年、あなたは「飼ってるよ」と
一言残して主題を変更するようになりましたね。
私は「あなたの犬」から、
「単なる犬」になりました。


今、あなたは別の都市に
新たなキャリアのチャンスを得て、
あなたと家族はペットの許可のない
マンションに移動するのですね。
あなたは「家族」のために適切な判断をしましたが、
私があなたのただ1人の家族だった時もありました。


保健所に着くまで、
私は自動車旅行に興奮しました。
でもそれは、
絶望した恐れた犬や猫の匂いとわかりました。





(続き)

あなたは書類事務を済ませて担当に、
「あなたが彼女に良い家を探してやってよ」
と言いました。

あなたは私の首輪から、
息子の手を引き離さなければなりませんでした。
「やだよ父さん!僕の犬を渡さないで!」

わたしは子供たちの事を心配しました。
あなたは自分の息子達に、
友情と忠実・愛情と責任・生命に対する尊厳に関して
「こんなものだ」と教えたのです。

あなたは私にさよならと頭をさすって、
私の首輪を取り去りました。
あなたは守らなければならない期限がありましたが、
今度は私が期限を待つ番になりました。


あなたが去った後、担当の彼女は
「数ヶ月前からこうしなければ
ならない事をわかっていたのに
里親も探さなかったのね」 と言いました。
そして彼女は首を振り言いました。
「どうしてこんな事を・・・」
彼女達は、スケジュールが許す限り
親切にしてくれました。
もちろんご飯もくれますが、
私はもうずっと前に食欲を無くしていました。

最初の頃は、誰かが入ってくる度に
もしかしたらあなたが気持ちを変えて
迎えに来てくれたのかと、正面に急ぎました。
でも、私に気を止めず、
子犬たちと戯れたりする人達に
かなうかなうわけがないと悟った時、
遠い角の隅に退き、待ちました。


私のところに来る、彼女の足音を聞きました。
そして先の部屋へ彼女の後について通路を歩きました。

このうえなく、幸福な静かな部屋。
彼女はテーブルに私をおき、耳を触りました。
そして心配しないように言いました。
私の心臓は、来るべき事を予期して連打しました。
でも、楽になっていく気持ちもありました。
もう愛の囚人としての日々は
とっくに使い果たしていました。

それが私の生まれつきの性格であるように、
私は彼女についても関心を持っていました。
彼女の全ての表情から、雰囲気を読み取れました。
涙が彼女の頬を流れ落ちると共に、
私の前足の周りで優しく止血器を置きました。

私はかつて、何年も前にあなたを慰めたのと
同じ方法で彼女の手を舐めました。
彼女は私の静脈に注射針を滑り込ませました。

私は彼女の優しい目を見ながら、
体に冷たい液体を感じながら眠りにつきます。
「どうしてこんなことを?」
きっと彼女は私の言葉を理解して
「ごめんなさいね」と言いました。
彼女は私を抱きしめて
「よりよい場所へ、無視や虐待のない場所へ、
愛と光へ満ちた場所へ行くのよ」
と急いで説明しました。

私は最後に残った力でシッポを振り、
「どうしてこんなことを?」の言葉は
彼女に向けたものではない、
と伝えたかったのですが伝えられませんでした。
それはあなたに向けたものでした。
わたしの最愛の主人を思い浮かべていました。


それでも私はあなたを想い、
あなたを永久に待つでしょう。
誰があなたの人生で、あなたにこれほど
多くの愛と忠誠を示すのでしょう...


それでも私はあなたを想い、
あなたを永久に待つでしょう





この物語に出会って約4年が経ちました。
当時、原作者の方について詳細は一切不明でしたが
現在は日本語文になった絵本の中で
ご自身の手記を綴られています。



《2006.09.15追記》
こちらの小説を元にした絵本が発行されています



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by でぃーパパ   2006年07月30日 04:47
せつなすぎです
こーあってはほしくないものです

実はでぃーパパはヒジョーに涙もろいのです。。。
(見た目に似合わずとよく言われるのですが
2. Posted by ぇめ   2006年07月30日 10:56
〉〉でぃーパパさん
〉こーあってはほしくないものです
ホントその通りですよね。
このような悲劇は、毎日当たり前のように
起こっているんよね…。
3. Posted by サラ   2006年07月30日 20:07
また泣きました。
前にも読んで泣きました。
こんな話、あっちゃいけないよね
4. Posted by ぇめ   2006年07月30日 21:12
〉〉サラ
ぇめも書きながら泣き、読み返しては泣き…

〉こんなことあっちゃいけない
みんながそう思ってくれれば、
こんな悲しい思いをするコは居なくなるのにね…
5. Posted by アン   2006年09月29日 23:44
初めまして。我が家には7才の黒ラブ(蓮)がいます。
娘が毎週1回孫(1才)と遊びに来ます。産後養生を兼ね
暫く居た時から、ラブと孫を対面させていた為か、この小説と
全く一緒の光景を繰り広げています。
頭皮を引っ張り目を突き、鼻にキスをして・・・されるがままの
蓮です。違う事と言えば、途中で手放したりはしません。
最後まで一緒です。これは断言できます。

ところで、この小説を私のブログでご紹介させて頂いて
よろしいでしょうか?一人でも多くの方に読んで頂きたいと
思っております。長々と申し訳ございませんでした。
6. Posted by ぇめ   2006年09月30日 03:10
>>アンさん
コメントありがとうございます。
蓮ちゃんとお孫さんとの触れ合いは、傍で見守るご家族にとっても、
大変微笑ましく幸せな光景でしょうね
お話を伺うだけで、私まで胸が温まり、
幸せのお裾分けをして頂けた気分です

>この小説を私のブログでご紹介させて頂いてよろしいでしょうか?
勿論ですよ私の著書なワケでもありませんしw
一人でも多くの方に知って頂きたいと思っておりますので、
有難いご提案です

ちなみにこの小説を元にした絵本も発行されています。
詳しくは右サイドバーにございますので
宜しければそちらも読んでみて下さいね
7. Posted by アン   2006年09月30日 08:51
おはようございます。
早速ご紹介させていただきました。
動物を愛する方々の心に届く事を願って・・・。
8. Posted by ふろっしゅ   2006年10月01日 01:40
はじめまして、ドイツ在住の‘ふろっしゅ’と申します。アンさんのところで、この物語を読みました。感じるところが大きいので、私のブログにも紹介させていただきました。取り急ぎですが、ご報告まで。
9. Posted by ぇめ   2006年10月02日 02:42
>>アンさん ふろっしゅさん
より多くの方に読んで頂けるお手伝いが出来たと思うと、大変光栄です
ご報告ありがとうございました。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
クリック☆ボキン
クリック募金とは
ぇめのホンネ

ぇめ自腹のクリック募金

リンクにご協力頂いている皆様へ

支援活動ご報告

クリック募金実施サイト一覧




皆様のご協力を
お願い申し上げます。




Yahoo!ポイントで募金
ボシュウ
サンカチュウ
アィヨォヒン

松山油脂 玉の肌石鹸
TAMANOHADA SHAMPOO



動物実験をしていないメーカーで、540ml¥1470はかなりお買い得!
香りもしっかりしていてバスタイムが幸せ〜♪
香りは全部で6種類と豊富に揃っています(^^)
この商品についての記事
ココ

SIGG デザインボトル


シグノボトルはデザインも豊富で軽くて丈夫!
毎日使ってます♪
この商品についての記事
ココ

サンディの
ハンドメイドソープ


ぇめ的《石鹸No.1》♪
お値段お手頃なのに
しっとりツルツルです!
この商品についての記事
ココ

【京みずは】
本わらび餅


ぇめ的《和菓子No.1》♪
余りにも大きいので、
初めて食べた時は
ビックリしましたw
甘さ控えめで上品な味。
時々無性に食べたくなり、
お取り寄せしてます♪
この商品についての記事
ココ

【ROERMOND】
絹どけマロン


ぇめ的《洋菓子No.1》♪
我が家は記念日ごとに
絹どけマロンを
お取り寄せしています。
すっごく滑らかな舌触りで
お口の中でとろけちゃうよ!
この商品についての記事
ココ

【ナルゲン】レキサンボトル

可愛いマイボトルに
お気に入りのドリンクを
入れて持ち歩きます♪

この商品についての記事
ココ

布ナプキン

女性の体にはもちろん、
地球にも動物達にも優しいと評判の布ナプキン。
ぇめも使い始めました。

この商品についての記事
ココ

マリウスファーブル
サボンドマルセイユ
      ワイルドローズ
パーム油(無香性)

ぇめは全身コレひとつ!!
ツルピカですよ☆

この商品についての記事

泡てんぼうスーパー

洗顔する時はコレ!!
他の商品はもう使えません!
この商品についての記事
ココココ
テンヨ甲州桃のお酢
テンヨ甲州桃のお酢
美容と健康のために、と
飲み始めて1年。
美味しくてハマりまくり♪

この商品についての記事
コメント
アァカイブ
カテゴリ